第1位 レシチン

認知症の予防や改善に効果があると言われるレシチンについて、成分の特徴と、おすすめサプリメントの情報などをまとめてご紹介します。特に注目の低分子レシチンについては、詳しく解説します。

認知症予防に注目度No.1成分「レシチン」の特徴

レシチンは、人体の細胞膜に多く含まれている物質で、リン脂質を含む脂質成分の総称です。レシチンは細胞膜を構成する成分ですから、細胞の中と外とをつなぐ浸透作用や水と油を混ぜる乳化作用など、特殊な機能を持っています。この作用によって栄養分が細胞にいきわたり、不要なものを細胞外へと排出することができます。ですから、レシチンが不足すると、新しい細胞が作れなくなったり、栄養が不足したりして、細胞が老化し、身体の機能が低下します。

脳の神経細胞では、レシチンがさらに重要な役割を果たしています。低分子に分解されたレシチンは、血管脳関門を通過し、脳の細胞膜で活発に活動し脳細胞を強化します。また、神経伝達物質であるアセチルコリンに変化して脳の活動を正常化します。認知症の予防や改善に高い効果を発揮するのは、このためです。

レシチンを効果的に摂れるおすすめサプリメント

認知症を予防するレシチン配合サプリ・アルファベストの画像

HBCフナト

アルファベスト

<核酸入り生ゼリータイプ>・<生ゼリータイプ>

もっと詳しく見る

アルファベストは、低分子レシチンであるK・リゾレシチンを中心に、ホスファチジルセリンなどを配合した脳のための体質改善サプリメント。スタンダードタイプと、核酸入りタイプがあります。

核酸入りタイプには、核酸DNARNAが配合されており、脳細胞の老化を防ぎます。
スタンダードタイプには、認知症予防への効果が知られるようになったオメガ脂肪酸DHAが配合されています。

どちらも食べやすいスティック状のゼリーで、1日に2~3包をおやつ代わりに食べるだけの手軽さが特長で、核酸入りタイプとスタンダードタイプを組み合わせれば、認知症予防の注目成分トップ1~4をすべて摂れてしまうという優れものです。

価格 8,640円(税込)
内容量 核酸入り生ゼリータイプ:10g×48包
生ゼリータイプ:5g×48包
1日の摂取目安 2~3包
原材料 核酸入り生ゼリータイプ:

大豆由来酵素分解リゾレシチンホスファチジルセリン、サケ白子抽出DNA、ビール酵母抽出RNA、海洋性コラーゲン、乳酸菌生産物質、ビタミンB1 、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンC ほか

生ゼリータイプ:

大豆由来酵素分解リゾレシチンホスファチジルセリンDHA、海洋性コラーゲン、乳酸菌生産物質、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンC ほか

脳で作用するのは低分子レシチンだけ!

アルファベストに配合されているレシチンは、酵素で加水分解して脂肪酸を取り除き低分化したリゾレシチン。さらに特殊な栄養素を加えてK・リゾレシチンという形に仕上げた成分です。

通常のレシチンは脳内に入り込むことができませんが、低分子化することで微細な血管脳関門を通過でき、脳内で作用することが可能となります。脳の神経細胞にまで到達したK・リゾレシチンは、神経線維を太くしたりシナプスを増やす効果があり、神経細胞の活動を強化します。さらに、神経細胞間の情報伝達を担う神経伝達物質アセチルコリンに変化することもでき、脳の働きをより強くサポートするわけです。

マウスを使ったK・リゾレシチンの投与実験では、アルツハイマー型認知症への効果が実証され、投与されたマウスの方が、記憶能力や学習能力に明らかな改善がみられたそうです。脳内ホルモンであるドーパミンの分泌量が増えたり、脳波の測定ではアルファ波が多く認められてリラックス効果があることも分かりました。

脳の細胞を強化するだけでなく、脳の情報伝達にも効果をもたらすのが、低分子レシチン。
K・リゾレシチンを高濃度で配合したサプリメント「アルファベスト」で脳の体質改善を実感してみてはいかがでしょうか。

認知症予防サプリ認知症改善サプリBest5はこちら